採用情報採用情報

先輩社員の声Interview

深澤 和也

入社時期

2017年9月より、本社でアルバイト。
2018年3月中旬よりフジテレビ「めざましテレビ」に配属

今の立ち位置

フジテレビ「めざましテレビ」エンタメ班メインAD

業界に入ったきっかけは?

高校時代から、友達と遊びで動画を作成していて、
「映像を人に見せて褒めてもらうのは楽しいな」と思ったのが始まりです。

この業界に入る前と入ってからのギャップ

入る前より泥臭さが増したと思います。何が起きても絶対にOAには間に合わせる。どうしても駄目だった時は、すぐに代替案を考える。そういう当たり前のことを実直に、泥臭くこなせるようになったと思います。どんな状況下でも必ず4時55分にはOAが始まるという環境が自然と自分を変えてくれました。 入る前とのギャップは、思ったよりも一回の仕事の期間が長いことと、思ったよりも休みがもらえる所です。

今後の課題

入社当初から言われていることですが、分からないことを分かったようなフリをして仕事をしてしまう部分があるので、細かいことでもちゃんと確認する。自分の中での認識を整理する。というのを心がけて今は仕事をしているので、それが無意識の内に出来るようにしていこうと思っています。 わからない、出来ないという発言をすることで恥をかくより、OAで事故を起こすことの方がよっぽど恐ろしいということを常に自分に言い聞かせています。

新入社員に対して

最初はみんな出来なくて当たり前です。妙なプライドは捨てて、たくさん先輩を頼ってください。勝手にやって間違える人よりも、たくさん質問をしてきて、それを吸収してくれる人の方が優秀だと僕は思っています。これからいろんな事が起きると思いますが、粘り強く頑張ってください。

先輩社員の声Interview

PAGE TOP