採用情報採用情報

先輩社員の声Interview

田中 遼

入社はいつ頃ですか?

2014年1月〜

ついている番組名と番組での立ち位置を教えてください

社内制作番組担当(特番班)

  • BS日テレ「空飛ぶ救命救急最前線 緊急出動!ドクターヘリ」
  • 日テレ「news every.」
  • 日テレ「戦後70年特別番組 教科書で学べない戦争」
  • 日テレ「ハリコミ」
  • フジテレビ「世紀の大事件Ⅱ」

業界に入ったきっかけは?

私は幼い頃から、警察官を目指していましたが、ふとある時、警察官を目指したキッカケを考えてみるとそのキッカケは警察密着のドキュメンタリー番組でした。
そういった番組がなければ、警察官が日々どんな仕事をしているのか知るよしもなく、目指す事もありませんでした。
それから“テレビ”には、人に夢を与えれる力があると思い業界への道を進みました。

入ってみて、思った事は?

“業界”に入れば、自分の時間は減るだろうと覚悟していましたが減るというより無くなるのが“業界”でした。 ですが、どんなに辛くても、番組の放送を迎えた時には辛さなんて忘れるくらいの嬉しさがあると思います。私は実家がとても田舎なので、実家から「見たよ。頑張ってるね」の連絡が一番嬉しい瞬間です。

一日のスケジュールを教えてください

普通の日
午前11時頃:出社~ 取材の仕込みや、打合せのアポ取り。
日中でしか出来ない仕事を行います。
午後18時頃~ 放送の終わった番組の仮払い精算や機材の整備などを行ったりです。
取材の日(ドクターヘリの場合)
午前8時頃:現場入り 取材先への挨拶や、撮影機材の準備など

午後17時:取材終了 宿泊先ホテルへ戻り、明日のロケ準備(カメラバッテリーの充電など)を行い、翌日に備えて美味しいものを食べて就寝。
編集の日
午前10時:編集開始 モザイク入れの箇所説明や、テロップのデザインの相談を行います。
その他にも編集マンのお弁当の発注などを行っています。
基本的には、この編集作業が一番、辛く長い闘いになりますがこれを終えると放送というのがほとんどなので、もうひと踏ん張りと、いつも言い聞かせています。

今後やりたい事は?

色々なジャンルを股にかけるディレクターになりたい。

今から入ってくる子に対して一

楽しい事70% 辛い事30%です。辛い時は、一緒に乗り越えましょう。『やっててよかった』という気持ちを覚えてしまえばこっちのもん。

弊社の特徴を教えてください

ディレクターズ東京は、意見の通りやすい会社。1年目ADでも、意見を述べればちゃんと考えてくれる上司の方々です。なので、思ったことはすぐに言う。我慢は禁物だと思います。

先輩社員の声Interview

PAGE TOP